認知症の方の介護でストレスを癒すための情報サイト

認知症の介護疲れを表す危険なサインと症状

  • HOME »
  • 認知症の介護疲れを表す危険なサインと症状

 

認知症の介護疲れを表す危険なサインと症状

認知症患者の介護者であるあなたにこれらのサインが出ていると、

バーンアウトをする危険が高い状態です。

まずは自分の状態を知りましょう。

 

ストレスによるサインと症状

  • 不安、うつ病、過敏
  • 疲労感
  • 不眠
  • マナー違反に過剰反応
  • 自身の健康に問題がでる
  • トラブルが重なると感じる
  • すぐにイライラする
  • 暴飲暴食
  • 喫煙を始める、また本数が増える
  • 無責任な気持ちになる
  • 外へ出かけることが少なくなる

 

バーンアウトの初期によるサインと症状

  • 行動するエネルギーがでない
  • 風邪や病気に敏感になる
  • 寝ても疲れが取れない
  • 忙しいことを理由になにもかもどうでもよくなる
  • 介護だけが生きがいになってしまう
  • ヘルパーに頼んでも何か落ち着かない
  • 認知症の方と関係が神経質になる
  • 自分の無力さに絶望を感じる

 

もしあなたが完全にバーンアウトしてしまえば、

介護をする側もされる側になってしまい、共倒れになってしまいます。

なので、

定期的にこれらの症状をチェックして問題を認識した時には、

すぐに対応することが大切です。

 

PAGETOP
Copyright © 認知症の介護疲れ All Rights Reserved.